専業主夫4か月で感じたこと

専業主夫となって4か月が過ぎました。その間に感じたことをお伝えします。

4月から、わたしは完全に専業主婦となりました。子供の学校への送迎のため、退職し、仕事からは遠ざかりました。まあ、メンタルも疲れていたし、丁度いい生活になったような気がしています。

最初は、収入が無くなる不安と、稼いでいないのに食べさせてもらっているような引け目が正直ありました。今でもあります。

でも、家族のこと、家のことが以前よりすごく分かるようになった気がします。

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)

家事に終わりはない!忙しい専業主夫!

専業主夫になって、まず感じたことが家事の多さです。これまでも家事は分担してきたつもりでした。しかし、それはほんの一部で、ほとんどの家事を奥様がやっていることに気が付きました。自分が分担していた家庭の仕事は、ほんの一部、ちょっとのことだったのです。

洗濯、掃除、食事づくりなど、休む間もないとはこのことで、テレビを見る時間も限られています。

しかも、その家事に終わりがないこと!これが一番の気付きです。朝の朝食づくりにはじまり、次に洗濯物干し、そして掃除です。学校がある日は、さらに子供の送迎も入ります。ブログも毎日書くことにしています。休んでいる時間はほとんどないんですね。まだ慣れていないからかもしれませんが、自分が自由になる時間は、仕事をしていた頃のほうがあったような気がしています。

特に終わりが無いのは掃除です。そんなに大きな家でもないのですが、掃除機をかけ、雑巾で拭き、部屋の片づけをしていると、アッという間に時間が過ぎてしまっています。世の専業主婦(主夫)の皆さん方は、この家事をこなしておられるんだと、素直に驚きと尊敬の気持ちでいっぱいです。

最初のイメージは、時間も自分の自由に使えて、テレビでも見ながら家事をするというものだったのですが、全く違いました。ごめんなさい。専業主夫なめていました。

今強く感じていることは、家事に終わりはないということです。しかも休みもない。土日も家庭では生活しているんですよね。

会社勤めのストレスは無し!フリーな生活は最高!

専業主婦になって、最高に良かったと感じていることが、職場のストレスが無いということです。これは確実に言えます。

職場で感じていた煩わしい人間関係は全くありませんし、嫌な人と会う必要もありません。これはある意味天国ですね。サラリーマン時代は、かなり拘束されていたことを実感しています。

もちろん仕事のノルマもありません。完全なストレスフリーな生活ですね。

ただ、ブログを始めて、毎日記事を書くことというノルマはつくりましたので、ここ数か月はブログを書くという仕事はあります。

奥様への感謝が止まらない!家族の絆は深まります!

今、わが家の家計は奥様が支えています。朝から働きに出て、夜疲れて帰ってくる。そんな姿を毎日間近で見ています。これが家族のために頑張る姿なんだと、強く感謝する気持ちがあります。

どんなに疲れて帰ってきても、子供やわたしに優しく明るく話しかけてくる奥様の姿を見ると、わたしは感謝の涙が止まりません。自分も家族のために何かしなければと強く思う毎日です。

たいして出来ることはないのですが、子供に勉強を教えたり、近所のプールや図書館に連れて行ったりと、自分に今できることをしようと思っています。塾等の教育関係にいた経験はここで役立っています。こうやって家族の絆は深まっていくのかなと、最近はぼんやりと考えるようになりました。

わたしは常に家に居る状態ですので、買い物や送迎、用事がない場合は、ほとんど外出することもありません。何だか引きこもっているような状態なので、早く家事の時間配分、手際よさを覚えて、もっと自分の時間を増やしていきたいと思っています。

どんな仕事も大変だということは分かっていたつもりなのですが、専業主夫も結構大変です。

でも、家族の大切さに気がつけたし、家族のために頑張れる仕事っていうのも、何だか素敵だなと感じています。

時々、ブログでも今の自分の生活を紹介していけたらいいなと思っています。

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)
manabi-enjoy レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ