【映画】ザ・コンサルタントの感想!表は会計士!実は裏の会計士も?

映画『ザ・コンサルタント』を見ちゃいました。DVDで見たのですが、おもしろかったです。主演はベン・アフレックで、職業は会計士。でも彼には裏の顔があります。それは、世間に出せない裏のお金の会計士。この設定がカッコいいんですよね。


ザ・コンサルタント ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

主人公は、高機能自閉症という発達障害をもっています。この映画のすごいところは、その発達障害をプラスとして、主人公の特技に設定しているところです。ものすごく数字に強い主人公!発達障害のことを、「他人とは少し違うだけ」だけでなく、「見方を変えれば一つの個性」というところまで表現していて、そこに一番感動しました。

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)

ザ・コンサルタントの見どころ

ベン・アフレック演じる主人公は、高機能自閉症の会計士、クリスチャン・ウルフです。幼い頃に発達障害を指摘されますが、父親は特別な教育を受けさせることを拒みます。成長したクリスチャンは、表向きは田舎の小さな会計事務所の会計士となります。しかし、彼には裏社会の顔もあり、絶対の信頼を置かれる闇の会計士なのです。

天才数学者のような側面も見せながら、主人公は陰謀に巻き込まれていきます。ヒロイン役はアナ・ケンドリック演じるデイナ・カミングスです。大企業に勤める経理担当者役です。可愛くて大好きですね。

ザ・コンサルタントの見どころは、発達障害をマイナスと捉えるのではなく、主人公のプラス面として描いているところです。

アクション映画の要素もあり、かなり激しい銃撃戦が演じられます。相手を一撃で仕留めていく様子は、プロのヒットマンです。

簿記の勉強は会計士につながる?

映画を見ていて「会計士って何?」と思ったので調べてみました。国家資格で、簿記やら税務やらの上級資格であることが分かりました。なるには相当ハードルが高いですね。わたしは現在簿記の勉強をしているのですが、その簿記の中でも最上級の簿記1級を取得して、初めて会計士の受験資格がもらえるみたいでした。

会計士を目指すには、いくつか方法があるようですが、簿記の勉強と経験を積み上げていけば、試験が受けられるようになるようです。資格って、どんどん上につながっていくもんなのですね。でも、簿記1級ってかなり難しいそうです。

続編の予感もあり?うれしい結末!

ネタバレ無しでいきたいので、詳しくは伝えられませんが、ラストはなかなかいい終わり方をしています。ガッツリ続編に続きそうな終わり方です。今作で一気にファンになってしまったので、次回作が待ち遠しいです。

とりあえず、キャンピングカーが欲しくなりました。

【映画】ザ・コンサルタントを見るなら、動画配信サービスもおすすめです。

わたしはお気に入りの映画になったので、ブルーレイを買っちゃいました。

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)
manabi-enjoy レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ