ストレスを和らげるための方法ベスト4!早めに解消しましょう

毎日の生活の中で、ストレスを感じることはたくさんあります。自分が自覚していなくても、自然とストレスを受けている場合も多いです。生きている限り続くのかもしれません。

大切なことは、「ストレスは体も心も痛めつけてしまう」ということです。良いことはほぼありません。ストレスがかかった状態から、早く抜け出す必要があるのです。では、どんなことをするとストレスを和らげることができるのでしょうか?

今回は、実際に自分が行っているストレス解消法をいくつか紹介したいと思います。当然のこと過ぎて参考にはならないかもしれませんが、少しでも日々のストレスでお悩みの方のお役に立てるとうれしいです。

睡眠をとる

脳の働きの一つで、「忘れる」というものがあります。眠ることで、嫌なことは少しずつ整理され、記憶の片隅に追いやってくれます。どんなに悲しい状態でも、眠ることによってわずかではありますが、落ち着くことがあります。

ですが、突然眠るなどという行為は無理です。時間や場所も問題となります。そしてストレスを感じているのに、すぐにグッスリ眠ることはできません。

わたしの場合、いつもと違う時間に眠ると、夜眠れなくなります。それは逆にストレスになってしまいます。

ではどうすればいいのでしょうか?

決まった時間に眠るという方法は有効だと思います。もう少し付け加えるならば、いつもより少し早めに眠るとよいのではないかと思います。

そうすることで、睡眠時間は通常よりも伸び、脳の「忘れる」「整理する」という効果も高まるというわけです。

規則正しい睡眠はストレス解消に効果があるということです。

好きなことをする

わたしは釣りが好きなので、たまに釣りに行きます。釣りはよい気分転換になります。心地よい日差しにさわやかな風、頭の中で考えていることは「どうすれば釣れるか。」ということだけ。

大物が釣れたときには、全てを忘れて興奮状態です。嫌だったこと、ストレスを感じていたことは、とりあえず忘れています。

ゴルフが好きな人はゴルフに行くのもいいでしょう。読書が好きな人は、好きな本を読むといいと思います。

旅行が好きな人は、行ったことがない土地に旅行に行くことをお勧めいたします。通常とは違う雰囲気の街に、心はリフレッシュすることと思います。

何か自分が好きなことに没頭するのは、嫌なことも忘れて気分転換になり、よいストレス解消になると思います。

運動をする

当たり前のことですが、心と体はつながっています。
ストレスで心の元気がなくなると、体の元気もなくなっていきます。逆にいうと、体が元気になってくると心も元気になってくるといえます。

そこで運動です。自分の好きなスポーツで無心に体を動かします。すると体中の血液の循環がよくなり、汗をかき新陳代謝もよくなります。すると体も心も元気になっていきます。

わたしは特に好きなスポーツは無いので、ジョギングをします。そんなに長くは走れないのですが、走っていると「あの目印のところまで頑張って走ろう」ということを考えます。走っている間は、きつくて何も考えることはできません。ある意味、無心状態になります。

運動すると、その運動に集中することになります。その結果、嫌なことも忘れて気分転換になるというわけです。

好きな物を食べる

自分が好きな物を思いっきり食べると、気分は最高です。嫌だったことも一瞬で吹っ飛びます。

わたしは甘いものが大好きです。ケーキからお団子まで何でもいけます。好きな食べ物を食べていると、その食べ物を味わうことに集中して嫌なことも忘れてしまいます。食べることを止められなくなるのがちょっと問題ではありますが。

食べ物に含まれる成分によっては、気持ちを落ち着かせる効果があるものも多いです。コーヒーに含まれるカフェインもその一つです。

自分が好きなものを食べると、よい気持ちになり、日ごろストレスを感じていることを和らげてくれます。

ストレスを和らげ、解消するにはまだまだ色々な方法があります。
一つの方法にこだわらないで、いくつかの方法を組み合わせると効果も高いかなと感じました。

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)
manabi-enjoy レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)