歯医者さんによって治療方針が違う?虫歯になって思ったこと

現在、全国各地の歯医者さんの数はとても多いと思います。うちの近所にも軽く2~3の歯医者さんがあります。わたしは、現在住んでいるところに数年前に引っ越してきたのですが、これまで通っていた歯医者さんには通えなくなりまして、新しい歯医者さんを探すことになりました。

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)

歯医者さん探し

1月の半ばくらいから左上の奥歯が痛み出しました。奥歯というか、奥歯の歯茎のところです。物を噛むと詰まったような感じがして、何だか歯茎自体が腫れているような感覚でした。

「まあ、そのうち良くなるかな。」そんな感じで放っておいたのですが、痛みはひどくなるばかり、痛みが出てから2週間後、やっと病院に行く決心をしました。

引っ越しをしたため、いつも通院していた歯医者さんまでは遠いので、まずは近所の歯医者さんリサーチ。どの病院がいいか、あの手この手で調べました。(家族に聞き、ネットの口コミを見ただけですが)

一つ目の歯医者さん じっくり治療タイプ

「よし!ここに決めた!」

家からちょっぴり遠かったのですが、Aという歯医者さんに行きました。
予約していなかったので2時間くらい待ちましたが、それくらい痛みをとってもらうためなら何ということはありません。

診察してもらい、レントゲンの結果、「歯茎が腫れているね~」と言われました。その日は説明で終わりました。翌週、2回目の通院です。その日は歯磨きの指導がありました。ブラッシングの仕方を丁寧に教えて頂きました。

「痛いよ~。早く治療をしてください。」私の心の声は聞こえず、「今日は終わりです。次回は歯石をとります。」とのこと。ちょっと進み具合がゆっくりすぎませんか・・・。痛くて我慢できないのですが・・・。歯磨き指導は気持ちよかったので、とりあえず帰って家でも続けることにしました。

二つ目の歯医者さん スピード治療タイプ

あまりの痛みに我慢ができず、急きょ近所のBという歯医者さんを受診しました。すると、「痛かったですね。歯と歯の間が開いていて、食べるときにものが詰まっています。歯茎に薬を塗りましょう。」と、薬を塗っていただきました。すると嘘のように痛みが無くなっていきました。

その後、ドリルで「キュイ~ン!」と治療開始。体全身に力が入り、手に汗握る時間が始まりました。これは何歳になってもきついですね。いや~まいりました。

その後数回通院し、すっかりよくなりました。

病院によって治療方針が違う 自分に合った病院を選ぶべき

後で分かったのですが、Aという病院はゆっくりじっくり治療していく方針の病院とのことでした。Bという病院は、痛いけれども早いと評判のお医者さんでした。きっとA病院は、丁寧に治療していただいたのだと思います。すぐに痛みから解放されたい私には、今回はB病院がピッタリだったのでしょう。

今回の歯の治療で、自分に合った病院を選ぶって大事なんだなと思いました。でも、毎日の歯磨きが一番大切なんですよね。

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)
manabi-enjoy レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ