カトキチうどんは肉うどんが最高!激ウマです!

うどんよりラーメンが好きです。しかし、カトキチのうどんを食べたら、うどん大好き人間になりました。

カトキチのうどんの中でも、わたしがお勧めするのが『肉うどん』です。

少し値段は張りますが、うまいので損した気分にはなりません。むしろ、この値段で、こんなにおいしいうどんが食べられるんだと、ちょっと得した気分です。

唯一の難点は、少しサイズが大きいので、冷凍庫のスペースをとるところです。整理して入れていけば全然OKなのでしょうけれども、うちの場合は子どものアイスやらで、多くは入りません。

では、実際に調理するところから紹介していきます。(水を入れて温めるだけですが…)

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)

カトキチの肉うどん

こちらがカトキチの肉うどんです。

近くのスーパーなどには置いてあると思います。値段は280円くらいでした。正直、最初は高いなと感じていました。

こちらを買うくらいなら、具なしの冷凍讃岐うどん麺が4,5個買えますからね。味付けは家ですればいいわけだし。

でも、このカトキチの『肉うどん』はうまいんです。まるでお店で食べているかのような味。

まずは麺のこしです。結構こしのある麺です。お湯でゆでても、あまりやわらかくなりすぎません。わたしは、この麺のこしの強さが好きです。

続いてつゆです。ほんのりカツオの香りが漂うつゆは、肉のうま味がしみだしていて、こしのある麺と相性抜群です。

最後に手軽さです。おいしくても、手間暇がかかったり、作り方が難しかったりすると、面倒なので作ろうとも思いません。

しかし、このカトキチの肉うどんは、簡単に作れます。パッと作れておいしく食べられる。お昼ごはんにピッタリなうどんだと思います。

では、作り方を紹介します。

作り方

作り方は簡単です。そこが冷凍食品のいいところですから。

まず、鍋に水を200ml入れます。

沸騰させてカトキチの肉うどんを入れます。

忘れないように、つゆも入れます。

すでにおいしそうです。

箸でかき混ぜながら、約4分間ゆでると完成です。簡単でしょう。

冷凍タイプのうどんの場合、途中で様々な具を入れることができます。

栄養バランスやボリュームアップなどをする場合、ネギや卵など、様々な食材を入れることができます。

お好みの具を入れることで、さらにおいしくなりますし、満足度もアップします。わたしは、時々卵を一つ入れることがあります。

もちろん、何も入れなくてもおいしい肉うどんになります。すでに必要な具は入っていますから。ラーメンと違って、消化や健康に良さそうなので、わたしはこのうどんを結構食べています。

おすすめの食べ方

大好きなのでもう1枚。

おすすめの食べ方は、そのままいただくことです。出来上がってすぐに食べましょう。これが一番おいしい食べ方です。

餃子があると、さら食欲も出ます。カトキチの肉うどんと餃子の相性は抜群だと思います。

わたしは、お昼に食べる場合は、シンプルに「カトキチの肉うどん」と「ご飯」を食べています。わたしの中では「カトキチ肉うどん定食」です。

簡単に作って、すぐに食べられますので、お勧めの肉うどんです。冷凍食品の進歩はすばらしい。

カトキチのうどんには、肉うどん以外にも、きつねうどん、カレーうどん、ごぼう天うどんなどもあります。

わたしは「ごぼう天うどん」も大好きです。

お求めは、お近くのスーパーで!

お近くのスーパーに無い場合や、まとめ買いをされる場合は、通販もできます。

公式HPやアマゾン、楽天で売られています。

ネットでの購入はこちらからどうぞ。12個入りなので、冷凍庫は空けておいてください。

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)
manabi-enjoy レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ