歴史の勉強には歴史漫画がおすすめ

小学校の6年生から歴史の勉強が始まります。歴史の学習は、得意不得意がはっきりする勉強です。

歴史の勉強が得意になるには、歴史の勉強が好きになるのが一番の近道です。歴史が好きになれば、自然と学んだことが身についてきます。

では、どうすれば歴史が好きになるのか?

それは、歴史をよく知ることです。

歴史を知る第一歩は、歴史漫画です。その理由を説明します。

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)

歴史はややこしい

歴史の勉強が苦手な人は、口をそろえて「歴史は覚えることがたくさんあってややこしい」「歴史は難しい言葉がたくさん出てくるから面倒だ」と言います。

歴史は、人が生きてきた道のりですから、非常にややこしいのです。

歴史のややこしい部分から勉強を始めると、ほぼ間違いなく歴史嫌いになってしまいます。

歴史が自分の生活と、まったく違う世界のお話となり、歴史を勉強する意味が分からなくなるからです。

ですが、普段見るテレビのドラマなどはどうでしょうか?見ていて飽きないように、各所に工夫がしてあります。そして、何よりストーリーは歴史の本以上に複雑です。

複雑な歴史の勉強は面倒でも、複雑なテレビドラマを見ることは好きで、見ていて飽きません。この違いは何なのでしょうか。

これは、歴史の勉強の仕方が間違っているのです。

歴史は、知識として学んでいくのではなく、ストーリーのあるドラマとして学んでいくべきです。

歴史で大切なのは、ストーリー

歴史は、大きな人間ドラマです。古ーい時代から続いているドラマです。

そのドラマを知るには、歴史漫画が一番です。歴史漫画には、必ずストーリーがあります。そして、イラストによって場面がイメージできます。

歴史漫画は最高の教材です。歴史の出来事を、ストーリーに沿って短く紹介してくれます。

歴史漫画のメリット

歴史漫画のメリットには、次のようなものが挙げられます。

・絵と文章で分かりやすい
・場面がイメージできる
・難しい言葉が長々と出てくるのではなく、短くまとめられている
・子供から大人まで読みやすい

出来事の内容をイメージしやすいということは特に重要です。

歴史漫画のデメリット

歴史漫画のデメリットもいくつか考えられます。

・作者の描き方で内容が変わる
・作者の想像の部分が大きい
・絵が大部分であるため、読む枚数が多くなる

特に漫画は、作者が出来事を想像をふくらませながら描くということから、作者次第で内容が随分と変わってしまうことがあります。

例えば、「本能寺の変」をテーマにした漫画があるとします。主人公が織田信長の場合と、明智光秀の場合では、内容や読者に与える印象もかなり違ってきます。

歴史漫画は、メリット、デメリットありますが、歴史の学び始めにはピッタリの本です。

おすすめの歴史漫画

調べてみて、値段の高さに驚きました。

角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 全15巻定番セット

新品セットで13000円前後です。

近所の古本屋を探してみるのもいいかと思います。

いくつかのメーカーから出ていますので、お好みのものを購入されるといいと思います。

角川シリーズは、漫画の絵が様々なのでいいなと思いました。

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)
manabi-enjoy レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ