小学校や中学校を早退する方法【病気・見舞い・身内の不幸・通院など】

病院に連れていく場合や突然の身内の不幸などで、小学校や中学校を早退させなければならないことがあります。

小学生や中学生を早退させるには、きちんとした手続きが必要になります。

必要な手続きは、保護者からの学校への連絡です。

早退や遅刻が前もって分かっている場合、小学校や中学校に事前に連絡しておくことで、スムーズに子供を早退させることができます。

具体的な場面を考えて、小学校や中学校から子供を早退させる方法を説明いたします。参考にしていただけると、うれしいです。

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)

小学校や中学校を早退させる理由

小学校や中学校から子供を早退させる理由には、次のようなものが考えられます。

・通院のための早退の場合
・急な身内の不幸等での早退の場合
・子供の体調不良での早退の場合
・その他の早退の場合

子供が学校に登校している状態から、早退という形で帰る場合には、理由と家族の迎えが必要です。

事前に連絡帳で理由を担任の先生に伝えておけば問題ありません。その際、迎えのことも連絡しておくとよいでしょう。

通院のための早退の場合

目の検査や持病の定期健診など、子供が病院に行く必要がある場合は、学校を欠席させるか早退させて病院に連れていきます。

病院の診察時間などで融通がきき、放課後に連れて行くことができる場合は、早退の必要はありません。放課後に病院に連れていきましょう。

しかし、様々な検査の場合は、診察や検査に時間がかかることが多いです。親も子供に同伴しなければなりませんし、待ち時間は長いです。

基本的に連れていく病院の予約時間によって、欠席か早退かは決まります。何時くらいから診察可能なのか、まずは事前に病院に確認をしましょう。

通院する場合の早退の連絡は、基本的に連絡帳で行います。

連絡帳には、忘れないように次のことを書きます。

・いつ早退するのか(日時)
・なぜ早退するのか(理由)
・子供はどうするのか(お迎え?)

学校への連絡方法の例

【連絡帳の場合】

「お世話になります。△月□日に。〇〇(お子さんの名前)の耳の定期検査のため病院に行きます。病院の診察時間が14時のため、13時に学校を早退させていただきたいと思います。児童用玄関まで迎えに行きますので、よろしくお願いいたします。」

事前に連絡帳で伝えておくと大丈夫です。

それ以外の具体的な連絡帳への記入方法については、こちらを参考にされてください。

小学校で、親とのやりとりは連絡帳を使う学校が多いです。いざ連絡帳に書こうとすると、何をどう書けばよいか分かりませんでした。自分が連絡帳に書く場合に気を付けたことと書き方を紹介します。

急な身内の不幸等での早退の場合

あってほしくないことですが、入院中の祖父が危篤状態になるなど、緊急に家族が集まる必要がある場合は、子供を早退させてもらいます。

小学校や中学校への連絡は、緊急の場合ですので電話で行います。

次のことを学校に伝えましょう。

・〇年生の〇〇(お子さんの名前)の保護者であること
・学校を早退するということ
・早退する理由(祖父が危篤のため等)
・子供の下校方法(お迎え?)

家族も気が動転している場合があります。移動はタクシー等がいいかもしれません。無理はなさらないようにしてください。

病院や行き先が遠方の場合は、翌日欠席させる必要があるかもしれません。その場合は、親も現地に付きっきりの場合が多いので、連絡帳では連絡できません。

できれば、この連絡時に、翌日欠席する場合は、電話連絡するということを先生に伝えておきましょう。

子供の体調不良での早退の場合

一番多い早退の理由かもしれません。

朝から子供の体調が悪く、無理して登校しているときなど、容体次第では早退する場合もあります。

学校で容体が悪化した場合は、保護者に連絡があります。ご家庭の固定電話やケータイ、職場の電話などです。新学期最初に学校に書類で伝えてあるはずです。

早退する可能性がある場合の連絡は、基本的に連絡帳で行います。お子さんの様子を詳細に伝えたい場合は、電話でもいいと思います。

次のことを伝えましょう。

・朝からの子供の様子(体調が悪いこと)
・様子を見て欲しいこと
・容体が悪化した場合の連絡先 など

ケータイを身につけ、小学校や中学校からの連絡を確認できるようにしておきましょう。

【連絡帳での連絡例】

「お世話になります。〇〇(お子さんの名前)ですが、昨日の夕方に嘔吐し、食欲がありませんでした。今朝は落ち着いているようですので登校します。学校で様子を見て頂きますようにお願いいたします。体調が悪くなったときには、△△(母の職場の電話番号等)までご連絡ください。どうぞよろしくお願いします。」

言い方はそのままでもいいですが、ご自分の言葉に書き換えてくださいね。

その他の早退の場合

上記以外で早退させる必要がある場合は、事前に学校に連絡しておきます。

連絡方法は、連絡帳が基本です。

連絡帳には、次の内容を記入します。

・早退する日時
・早退する理由
・早退の方法

【連絡帳での連絡例】

「お世話になります。○○(お子さんの名前)ですが、~月~日(月)に家の用事で早退させていただきます。14時に児童玄関に迎えに行きますのでよろしくお願いします。ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。」

現在の小学校や中学校は、防犯上の理由から、子供だけでの下校よりも保護者の迎えを求められます。

可能な早退方法(お子さんがどのようにして家まで帰るのか)については、担任の先生と相談されるほうがいいと思います。

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)
manabi-enjoy レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ