家庭教師のランナーは「勉強が苦手」な小学生におすすめ!

小学生のお子さんで「勉強が苦手」「進んで勉強しようとしない」場合には、家庭教師がおすすめです。

塾や通信教育ではなく、家庭教師です。理由は単純で、お子さん一人で、苦手な勉強を克服するには限界があるからです。少しわかりやすく説明します。

苦手なお子さんは、苦手な理由をもっています。小学生の場合は、その苦手な理由を言葉で言えない場合が多いです。文章を読むのが苦手、形をとらえるのが苦手、記憶するのが苦手など、苦手は人によって違います

中には早いペースの授業が苦手のお子さんもいます。それなのに有名な進学塾に通っても、授業についていけません。益々苦手意識が強くなってしまいます。

文章の読み取りが苦手なお子さんに、どんどん問題集を与えて問題を解かせても、嫌でたまらないことが増えるだけで、さらに勉強嫌いになってしまいます。

勉強が苦手なお子さんには、自分のペースで、分からないところを直接教えてもらいながら勉強が進められる家庭教師がピッタリなのです。

家庭教師の派遣センターは数多くあります。中でも、家庭教師のランナーは、全国規模で拠点がある家庭教師センターで、特に勉強が苦手なお子さんにおすすめなのです。

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)

授業にいかせる勉強法で学校が楽しくなる

小学生が学校で過ごす時間のほとんどは授業時間です。つまり勉強している時間です。勉強が苦手なお子さんにとっては、あまりうれしい時間ではないかもしれません。

小学生が、どれくらいの時間、学校で勉強しているかご存知ですか?5年生になると、月曜から金曜日まで6時間授業です。朝8時に学校に到着するとして、下校は16時とします。8時間学校で過ごすのですが、そのうちの6時間が勉強時間です。

途中に休み時間や給食などが入って気分転換ができますが、ほぼ勉強時間のほうが長いです。

もし、勉強が苦手な場合、学校で過ごす勉強時間はどんな時間になるのでしょうか。お子さんにとって楽しい時間なのでしょうか。もしかすると、分からないことに耐えるだけの時間になっているかもしれません。これは極端なお話ですみません。

しかし、勉強が好きになったらどうでしょう。きっと授業時間は楽しい時間に変わります。学校は今よりも楽しくなるはずです。

授業が楽しい!教科書中心の予習復習が効果的!

塾や家庭教師で、専用の問題集が準備されている場合があります。授業が分かるようになったとき、専用の問題集で問題を解けば、ぐんぐん学力はついていきます。

でも、勉強した内容があまり分かっていない場合、問題を解くことはできませんし、問題集は苦痛の元です。

教師のランナーでは、ご家庭の希望に沿った指導ができます。特におすすめなのが教科書中心の指導をしてもらうことです。

小学校の授業では教科書が中心です。勉強する内容は教科書に全て載っているのです。勉強が苦手なお子さんには、まず教科書をしっかりと理解できる勉強が一番です。

例えば5年生の算数の勉強を例にします。

5年生の算数は、6年生や中学校につながる内容です。割合や分数など、急に難しくなる場面でもあります。

5年生では立体の体積を勉強します。意外と苦手なお子さんが多いところです。家庭教師を利用して勉強した場合と利用せずにいた場合を考えてみます。

家庭教師を利用した場合、図形の学習の予習復習ができます。体積の求め方や公式の意味など、学校で勉強する内容を事前に勉強できます。

教科書の内容を、家庭教師の先生に教えてもらうだけなので、10分から20分程度で理解できると思います。

後日、学校で立体の体積の授業が行われます。お子さんは一度家庭教師と一緒に勉強しています。ですから、授業で教えられることはほとんど知っています。勉強するのは2回目になるので、理解も深まっていきます。

もしかすると、授業中に手を挙げて発表するかもしれません。問題に正解して○をもらうかもしれません。「授業中に理解できた」という経験が、お子さんを勉強が苦手から勉強って楽しいかもに変えます。

これが家庭教師を利用して勉強した場合の効果です。

次は、家庭教師等をを利用せずに、苦手な勉強をそのままにしていた場合に考えられることです。

勉強が苦手なお子さんが、何の対策もせずに立体の体積の授業を受けた場合はどうでしょうか。

授業内容を全部理解することは難しいかもしれません。公式は覚えられても、その意味までは理解できないかもしれません。授業で分からなければ、苦手意識は強まります。

このようにして「勉強が苦手」は作られていってしまうのです。まさに勉強が苦手なお子さんのサイクルです。何らかの方法で、できる子の勉強サイクルへと変えてあげないと、ずっとこのままです。

家庭教師を利用した予習の勉強方法を紹介いたしました。苦手克服のために必要なもう一つの勉強方法があります。それは復習です。

授業で勉強したことをしっかりと復習することで、内容を確実に覚えます。すると、勉強の終わりの方で行われるテストで活躍できます。

体積の求め方や問題の解き方が理解できていますので、テストの問題がスラスラ解けます。満点も無理ではないでしょうが、せめて90点はとれるかもしれません。高い得点をテストでとることで、「自分は算数が得意かもしれない」という自信が生まれていきます。

頑張りがテストの点数に表れてこそ、子供は自信を持つことができます。何も成果が出ていないのに「自信を持て!」は無理な話です。

家庭教師のランナーでは、毎日の勉強の復習を習慣づけるために、ポイントを絞った習慣づけ用の宿題を出してもらうことができます。「10分のポイント復習」です。たった10分ですが、勉強のポイントを押さえるので効果的です。

もちろん、これは予習復習が上手くいった場合の話です。しかし、予習復習を確実に行っていけば、これに近い状況になるはずです。

先生の言葉は、ときには親の言葉より勝ります

「親の言葉は聞かないのに、先生の言葉は聞く。」

思い当たることはあるはずです。しかし、これは信頼できる先生の場合です。どうしても人ですので、合う合わないはあります。

家庭教師のランナーは、自分にピッタリの先生に出会えるまで、何度でも先生の交代ができます。

家庭教師のランナーをおすすめするポイントの一つは、教えてくれる先生の若さです。

「しっかり教えられるの?」と思うかもしれませんが、若い大学生が中心ですので、実際に「自分も勉強している」先生です。ですから、勉強の仕方も現役なのです。

お子さんとの世代も近いので、兄や姉のような存在の先生です。親近感もわきますし、きっとお子さんは信頼するでしょう。

しかし、先ほどもお伝えしましたが、合う合わないはあります。合わない場合は、悩まずに変わってもらいましょう。それがお子さんのためです。先生との相性は大切です。

ここまで家庭教師のランナーの紹介をしてきましたが、くれぐれもすぐに入会するのはおすすめしません。

家庭教師のランナーには、無料体験のシステムがあります。

まずは無料体験でお試しされることをおすすめします。こちらで紹介した通り、お子さんんお勉強に役立ちそうなのか。お子さんの勉強が少し前へ進むのか。まずは一度体験してみてください。

あくまでも体験なので、しつこい勧誘等はありません。一度、家庭教師ってどのようなものなのか、実際にお子さんが勉強してみることが一番です。

当然、家庭教師そのものが合っていないと感じた場合は、入会はしないようにしましょう。無料体験のみで終了して、他の勉強方法を考えましょう。

無料体験はこちら
【家庭教師の生徒募集】家庭教師のランナー無料体験申込

全国多くの地域に対応していますが、未対応の地域もあります。詳しくは公式サイトでご確認ください。

「勉強が苦手」は、分かりやすい勉強をすることで変わります。お子さんが少しでも勉強に興味をもち、笑顔が増えることは、家族の喜びです。

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)
manabi-enjoy レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ