おすすめ記事ベスト3

字がスラスラ読めない?子供と練習する文章の読み方

子供が小学生になると、宿題などで教科書の音読を聞くことがあります。子供の頃、よく国語の教科書を宿題で読みましたよね。

子供が上手に文章が読めていないと、「えっ、うちの子大丈夫なの?」「学校の勉強についていけてないのでは?」と心配になります。

今回は、文章をスラスラと読めない場合の練習の仕方についてまとめます。

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)

6歳だけれど文字がスラスラ読めない

6歳といえば、小学校1年生くらいの年齢です。この段階でスラスラ読めないのは、実は当たり前です。なぜなら、ひらがなをはじめとした文字は1年生の1学期に勉強するからです。

「あ」「い」「う」など、1文字1文字の読み方・書き方を勉強します。

「なるほど、これは「あ」と読むんだ!」

子供にとっては、このレベルです。それなのに、いきなり多くの文字がならんでいる文章を、スラスラ読めるはずがありません。大丈夫です。6歳でスラスラ読めないのは当然のことなのです。

例えばアルファベットを4年生で勉強します。Aを「あ」と読みますよね。

勉強したからといって、アルファベットの文章をスラスラ読めるでしょうか?

無理です。

大人でもそうです。中国語や韓国語などの自分が知らない文字を勉強したとします。勉強したからといってスラスラ読めますか?

おそらく難しいのではないでしょうか。

ですから、6歳でスラスラ読めなくても心配はいりません。

もし、周りにスラスラ読める子がいたとしても、気にする必要はありません。その子は、少しだけ勉強が進んでいるだけです。すぐに追いつけます。

スラスラ読めないのは発達障害(学習障害)なの?

発達障害のお子さんの中には、文字が話している言葉と一致せずに読みづらい子もいます。

1年生の勉強をしていく中で、文字がまったくわからない、覚えられない、書けない場合は発達障害の可能性はあります。

その場合は、特別な手立てで勉強していけば、徐々に文字に興味を持ち、読み書きができるようになると思います。

今回は“スラスラ”ということを考えています。つまり、文字は読めているけれども、スラスラ読めない場合です。これは単に読む練習が不足している場合が多いです。

しっかりと読む練習をしていくことで、スラスラと読めるようになっていくと思います。

発達障害は一人一人違います。学習障害があっても無くても、お子さんの特性を考えて練習していくことが大切です。

これから紹介する方法が難しい場合は、こちらもお試しください。
➤ビジョントレーニングで読む練習

1年生の拾い読みがスラスラ読めるようになるには?

説明したように1年生で文字の勉強をします。勉強したてでスラスラ読めないのは当然のことです。

一字一字をたどたどしく読むことを、拾い読みと言います。文字を勉強したての時期は、みんな拾い読み状態です。

では、どうすればスラスラ読めるようになるのでしょうか?

スラスラ読めるようになるには「読む練習」をします。

何だか当たりまえのことですよね。でも、これが一番効果があります。1年生の場合、文章を読む練習は一つです。

後追い読みです。

親が読んだ後、子供が同じところを読みます。シンプルな読み方の練習方法です。

【1年生の練習方法】
①国語の教科書をひらく
②読むところを決める
③親は子供のななめ後ろか横にすわる
④親が1文読む
⑤子供が同じところを声に出して読む
⑥次の文を同じように読んでいく

気をつけてほしいのは声の大きさです。最初は声が小さいです。「もっと元気よく!」など言わなくても大丈夫です。読めるようになれば、自然と元気よく読めます。

文字がスラスラ読めるようになるコツは、文字を目で追わせながら後追い読みをさせることです。これをしないと意味がありません。

ですから、最初のほうは文字を指で押さえさせながら読むのもいいと思います。

同じところを読む練習を1日2日…と続けていくと、子供は暗記してきます。その場合、教科書の次の文章に進むといいでしょう。

文字がスラスラ読めるようになる方法

小学生のお子さんは、どの学年も1年生の練習方法で大丈夫と思います。もう少し付け加えた練習方法を紹介します。

実際に小学校で行われている場合も多いです。家庭でする場合は、お子さんと1対1でできるので更に効果的だと思います。

【スラスラ読むための練習方法】
①国語の教科書など、読むところを決める
②1日1回、後追い読みで練習する
(読んでいるところは目や指で追わせる)
③時々、1文ずつこうたいで読む
(「。」でこうたいする)
③ある程度覚えてきた段階で子供だけで読む練習をする
(親は必ず聞く)
④スラスラ読めるようになるまで、毎日続ける
⑤次のお話に進む

子供の読む練習なのですが、意外と親が大変です。根気よく、数か月間は続けるつもりでがんばってください。時間は5分以内がいいです。子供も親も無理しません。

途中で、「。」で交代しながら読んだりすると、ゲーム的な面白さもあって子供は喜びます。

大切なポイントは続けることです。数日がんばったくらいでは、スラスラ読めるようにはなりません。

毎日短時間でも、続けることによって読むことが上手になっていきます。

「読めるようになった!」という経験を繰り返していくと、お子さんは読むことに自信をもつようになっていきますよ。

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)
manabi-enjoy レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ