ホワイトデーでお返しをする小学生と中学生

3月14日は、ホワイトデーです。我が家には、中学生の息子と小学生の娘がいますが、どちらにとってもお返しをするために大変な一日のようです。お菓子を準備したり。渡したり、貰ったり。

でも、いったいいつ渡すのでしょうか?学校の多くは、お菓子を持っていってはいけないのでは?

今回は、ホワイトデーのお菓子、いつ渡すのか、いつお返しをするのか調べてみました。

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)

ホワイトデーで子どもが大変なこと

何が大変なのかというと、二つあります。一つはホワイトデーに渡すお菓子を作ること。もう一つはホワイトデーにお菓子を渡す方法です。バレンタインデーのお返しの意味も含みます。

小学校も中学校もホワイトデーだからといって、お菓子類の持ち込みは禁止です。当然です。勉強に関係のないものは持っていかない。学校のルールです。

場合によっては、所持品検査まであるとか。これは守らないといけません。最悪の場合、親の呼び出しなどという恐ろしい結果も待っています。

ホワイトデーのお菓子作りスタート

ホワイトデーに渡すお菓子作りです。バレンタインのときには、お菓子作りはわたしが担当しています。作る日は3月12日の日曜日です。今回は、息子も娘も渡す相手がいるようです。ですから、息子用、娘用と別々に作りました。

事前のリサーチの結果、息子が渡す相手はケーキを食べたいと言っているもよう・・・。しかし、ケーキは持ち運べないし、日持ちしないので却下。息子が作れそうなクッキーを作ることに決定しました。娘は簡単さに惹かれ、カップケーキに決定。お菓子準備の第一段階はクリアです。

次は実際にお菓子作りです。前回のバレンタインデーで私がほとんど一人で作ったので、今回は私はお休み。奥さんと子どもたちが作ることになりました。

まずは息子のクッキーから。材料の準備は奥さんに任せ、自分はクッキーの型選びに没頭。生地作りは親子でワイワイ言いながら楽しく作業していました。ですが、息子が活躍したのはクッキーの生地を型に入れるところまででした。後は奥さんがオーブンで焼き、めでたく完成。

次は娘のカップケーキ作りです。ホットケーキミックスを紙のカップに入れて焼くというシンプルなカップケーキ。まずは生地作り。さっきまでとはうって変わって、「早くしてよ!」「分かってる!!」と、何ともトゲトゲしい会話が続きます。同性同士だと反発し合うのでしょうかね。こちらも焼くところからは奥さんの一人作業。最後はどちらとも奥さんが鼻歌まじりで楽しそうに仕上げていました。

最後にラッピングです。ラッピングに取り掛かろうとしたとき、何やら完成したお菓子の数が少ないような・・・。

見ると娘の口がモグモグ動いています。ここで母子でひと悶着あり、やっとラッピングが終わりました。ふう~。わたし、何もしてませんけど。

どうやって渡すの?

そして迎えるホワイトデーです。最後の関門、どうやって渡すのかです。

息子・・・放課後渡す。

娘・・・・放課後にお母さんと一緒に届ける。

事前の家族の話し合いでは、上のように決まりました。

無事に届けられることを願っています。
年に一度のことですが、毎年大変ですね。ホワイトデーは。

渡す時間は、放課後です。

そして、その日の夜。つまり、ホワイトデー終了後の夜です。

しっかりと渡すことができたのか確認しました。(そんなこと確認する必要はないのですが)

息子・・・放課後に渡した。
しかし、直接は渡せなかった。友だちに頼んで渡してもらった。

娘・・・・放課後にお母さんと渡しに行った。

娘は予定通りです。
ちゃんと渡せたようです。

息子は、ちょっぴ残念ですが、まあそんなものかなと思います。
わが家の場合は。

もし自分が中学生の息子だったらと思うと、やっぱり直接声をかけて渡すのは、相当勇気が必要なことだなと思います。

ちゃんと届けられたことが重要。(たぶん)
相手も翌日、「おいしかったよ。」と言ってくれたようですし、OKです。

以上、わが家のホワイトデーの様子でした。
何だか、わたしは何もいただいていないような・・・。

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)
manabi-enjoy レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ