サイクルプラスのお試しパックを購入!驚きの100倍浸透!使用した感想と価格!

自分に合った化粧品選びは悩むものです。あれこれ購入し試してみないと分かりませんから時間もかかります。今回ご紹介するのは、株式会社ナリスコスメティックフロンティアから販売されている「サイクルプラス エンリッチローション」です。

高浸透型のビタミンC誘導体で、肌への浸透力が従来の100倍!しつこい乾燥や潤い不足、ハリ不足の方には朗報です。

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)

サイクルプラスのお試しセットの購入

サイクルプラスをモニターさせていただいたので、実際の使用感をレビューします。ご購入をお考えの方の参考になれるとうれしいです。

サイクルプラスとは?

肌コンディションが乱れるのは、肌サイクルが乱れていることが原因です。サイクルプラスは、いかに肌に成分を浸透させるかにこだわった化粧水です。高浸透型ビタミンC誘導体が肌の奥まで浸透し、肌サイクルを整えていきます。

特に注目すべきは浸透力。従来のビタミンC誘導体の約100倍といわれています。更に2つのペプチドによって肌の潤いとハリを保ちます。

5種類のヒアルロン酸と6種類の美容保湿成分を配合し、驚異の浸透力によって肌の深い部分から肌環境を整えていくのです。

サイクルプラスをおすすめする人

下の条件に当てはまればサイクルプラスな人です!

✅肌の乾燥が気になる
✅化粧ののりが良くない
✅小ジワが目立つ
✅ハリがなくなってきた
✅くすみが気になる
✅毛穴が気になる

サイクルプラスにはお試しセットが準備されていますので、利用してみてはいかがでしょうか?



サイクルプラスを試した感想

まず、使い始める前に驚くのは2剤式ということです。「えっ、自分で混ぜるの?」正直驚きました。しかし、化粧水の浸透力を効果的に高めるためです。使用方法に従い、利用する直前に混ぜて使います。では、実際の使い方です。

サイクルプラスの使い方

2剤式の化粧水です。あまり聞いたことがありませんが、2つの材料を使い始める前に混ぜて使うということです。

混ぜ合わせた直後が効果が最も高いときです。その効果が薄れないうちに使うために2剤式となっています。

まず、商品に入っているスティック状の小袋を準備します。こちらです。

袋の上の方をハサミで切り取ります。この時、点線に沿って斜めに切り取るようにしたほうがいいです。後でビンの中に入れやすくなります。

本体のキャップを開けておきます。キャップ全体を外すようにします。

ここに先ほどのスティック状の小袋に入った粉末を入れます。斜めに切っていた方が入れやすいはずです。

全部入れたら、きちんと入っているかを確認してキャップをしっかりと閉めます。

まだ粉末は解けていませんので、本体をしっかりと持って上下に振ります。すると中の粉末が溶けます。泡だっても大丈夫です。しっかりと振って混ぜるようにしましょう。

粉末がある程度溶けて見えなくなったら高浸透型ビタミンC誘導体入りの化粧水「サイクルプラスエンリッチローション」の完成です。

作りたての時期が浸透力も強いので、早めに使うようにしましょう。

サイクルプラスを使ってみた感想

「す~っと肌にしみ込んでいくようでした。」というのが決まり文句ですが、そのしみ込み方がすごかった!

これが高浸透型ビタミンC誘導体に力なのでしょうか?とにかく肌にぐんぐんしみ込む感じでした。

手につけるとこのような感じです。指で伸ばすと、す~っとしみ込みます。

どんなに高額な有効成分が入った化粧水でも、肌の表面でとどまったり、そのまま乾いてしまっては何の効果もありません。つけたものが蒸発しただけです。

化粧水で大切なのは、いかに浸透していくかです。サイクルプラスの浸透力は体験してみて本物だと分かりました。

サイクルプラスの価格

サイクルプラスの価格はいくらするのかは気になるところです。今回はトライアルの紹介なので、トライアルの値段をご紹介しますね。

サイクルプラスエンリッチローションのお試しセットの値段は、ずばり2週間分で1600円(税抜)です。もちろん送料は無料ですので、安心して注文できます。

ご購入は言うまでもなく公式サイトからがおすすめです。様々な公式サポートが受けられますし、公式なので安心です。

なんと、初めての方には約2800円相当のプレゼントもついてきます。詳細については公式サイトでご確認ください。

お試しセットではない正規の商品は、1か月分で2800円です。同じく上記の公式サイトから購入できます。最初から1か月間は使ってみたい方は、通常版エンリッチローションをどうぞ。



スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)
manabi-enjoy レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ