連絡帳をお願いする子供がいない!どうすればいいの?

子供の欠席は、連絡帳を学校に届けなくてはいけません。小学校は、未だに学校とのやり取りは連絡帳を利用する場合が多いです。子供が学校を休む場合の連絡帳は、主に近所の子供に頼みます。でも、近所に連絡帳を頼める子供がいないときには?どうすればよいのでしょうか?

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)

学校に連絡帳を届ける方法は3つ

小学校に、子供の欠席の連絡帳を届けるは3つあります。

・親が直接学校に持っていく方法
・遠くても、子供の友達にお願いする方法
・全く知らない近所の子供に頼む方法

おすすめは「親が直接持っていく方法」です。確実に小学校に届きますし、周囲の人間関係を気にする必要もありません。学校に行くことになりますので、労力はかかりますが安心の方法です。

わざわざ連絡帳を届ける必要がない学校もあります。その場合は、電話で欠席の連絡をするようにしましょう。

親が直接学校に持っていく方法

一番確実な方法です。お子さんが病気で欠席するということが確実に学校に伝わります。お子さんの友達や親同士の気遣いも不要です。あれこれ悩むよりも、一番手っ取り早い方法かもしれません。

学校へ連絡帳を持っていく時間ですが、できれば子供たちの登校時間よりも早めがいいと思います。登校時間と重なると、学校によっては駐車場や道路が子供たちでいっぱいで危険です。もちろん自家用車で持っていきましょう。

連絡帳を持っていく場所は、職員室です。玄関に事務室がある場合は、どこに届ければいいか尋ねます。事務の先生が持っていってくれる場合もありますし、先生を呼んでくれる場合もあります。担任の先生に直接渡すことができれば、次回の欠席のときにはどうすればよいか尋ねましょう。連絡帳を預ける子を教えてくれたり、電話連絡でよいことを教えてくれたりします。可能であれば、担任の先生の連絡先を教えていただくのがベストです。

遠くても、子供の友達にお願いする場合

クラスに連絡帳をお願いできるお子さんがいる場合は、やや家が離れていても、その友達にお願いしてもいいと思います。まず、その子のご家庭に電話して、子供が欠席するので連絡帳をお願いしたいということを伝えましょう。その後、親が連絡帳を預けに行きます。相手方の子のご家庭も、頼られて悪い気はしません。快く引き受けてくれると思います。

電話する時間ですが、そのお子さんが登校する前でないといけません。時間には余裕をもって連絡しましょう。

連絡帳の返却については、学校でどうするか考えて届けてくれるはずです。心配は不要です。

わが家の場合は、先生が帰りに寄って届けてくれました。

全く知らない近所の子供に頼む場合

全く知らないお子さんに頼む場合は、その子の保護者にお願いするようにしましょう。「〇年〇組の先生に届けてほしい」ということを必ず伝えます。

後日、その子に会ったときに、「この前は、連絡帳を届けてくれてありがとうね。」とお礼を言うようにしましょう。

学校側には、「誰が」「どんな理由で欠席する」ということが伝わればいいので、どの方法にしても確実に欠席連絡が伝わるようにするといいと思います。連絡帳をお願いする子供がいない!どうすればいいの?

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)
manabi-enjoy レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ