塾の夏期講習よりも小学生には通信教育が効果的

最初に申し上げておきますが、塾の夏期講習はすごく勉強になります。勉強のプロが教えるので間違いありません。でも、小学生にとっては、夏休みは通信教育を家で頑張る方が、勉強の効果は高いです。

ここで分かること!
・夏期講習よりも通信教育がおすすめな理由
・勉強習慣の作り方

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)

夏期講習よりも通信教育がよい理由

小学生の場合、塾の夏期講習よりも通信教育をおすすめします。その理由は、「家での学習習慣」を身につけさせるためです。当サイトでも度々説明していますが、家で勉強する習慣がないと、学力はついていきません。

塾では主に「勉強を教えてもらう」ことになります。教えてもらったことは、家で自分で練習したり覚えたりしなければ、実力になっていかないのです。学んだことを自分一人で勉強して、はじめて勉強ができるようになっていきます。

「塾ではできたのに、家ではできなかった…。」

これはよくあるパターンです。ですから、小学生の場合は、まず家で自分で勉強する力を身につけていきます。通信教育を使えば、家で勉強ができるようになっていきます。

・何をすればいいのか分かる!
・大切なことがまとめてある!
・短時間で勉強が終わる!

夏休み中、このようなメリットがある通信教育を使ったお子さんの姿を想像してみてください。少なくとも夏休み以前よりは、家で勉強する習慣は身についていると思います。積み重ねていけば、しっかりとした学力になっていきます。

夏期講習が必要なのは、中学受験をする場合です。通学受験の場合は、受験情報が必要になるので、塾の夏期講習を選びましょう。

通信教育は事前の調査が重要!

すでに通信教育を利用されている場合は、確実に毎日短時間でも勉強するようにするといいです。新しく夏休みからのご利用を考えている場合は、事前の通信教育選びが超重要です。ここで夏休みの勉強が決まります。

「近所の○○くんが使っているから」
「テレビのCMで良さそうだから」

そんな理由で通信教育を選ぶのは間違いです。どんなに優れた教材も、お子さんのやる気につながらなければ意味がありません。お子さんが実際に勉強するようになり、続けることができる通信教育が、お子さんに合った通信教育なのです。

通信教育の詳しい選び方は、こちらで紹介しています。
>>小学生向け通信教育を徹底比較!合った通信教育の選び方!

夏休みは家での勉強習慣を身につけるチャンス

夏休みの勉強といえば、「夏休みの宿題」が思い浮かびます。宿題は必ず終わらせるべきものです。

「宿題すら毎年終わらないのに、塾や通信教育どころではない!」

実はそうではありません。

夏休みの宿題は、家での勉強習慣を身につけていけば、それほど子供の負担ではないのです。40日近い夏休み、1日1時間の勉強でも40時間です。1日2時間勉強すれば、80時間も勉強できます。

大切なことは、家での勉強習慣です。ダラダラした夏休みにならないようにするためにも、3つの約束を作ります。

・勉強時間を決める
・勉強場所を決める
・何をするか決める

勉強時間は、夏休みの場合は朝8時から10時までの2時間がおすすめです。もっと早い7時から9時でもOKです。

勉強場所は実は重要なことです。学校に行けば勉強するように、「ここは○○をする場所だ!」という意識をもたせます。リビングでも、子供の部屋でもいいです。夏休み中は1カ所に決めて、その場所で勉強させます。

何をするか決めるのは簡単です。前半は宿題です。後半の30分前後は通信教育をします。
この30分前後の時間が、勉強の効果を高めていきます。そして、2学期からの家での勉強につながっていくのです。

勉強は、どこかで教えてもらえばいいのではありません。家での勉強が一番大切です。家で勉強する方法が身についていけば、お子さんの学力は自然と高まっていきます。

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)
manabi-enjoy レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ