勉強できない小学生!親の協力で成績は上がる?

「宿題は終わったの?」
「勉強しなさい!」

毎日のように繰り返される親の言葉。

でも、なかなか子供は親が思うようには動いてくれませんよね。

さらに勉強ができない子供は、家でなかなか勉強しようとしません。

宿題さえしないことも。

これでは、ますます勉強ができないようになってしまいます。

子供が勉強できない子供に、何がしてあげられることはないのでしょうか?

あります!!

子供に勉強を教える仕事をして一番感じること。それは「どの子供も勉強できる素質は持っている」ということです。

「勉強ができない」と決めつけられていた子供が、どのようにして勉強ができるようになっていくのかを紹介します。

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)

勉強できない子供は意外と多い

最初に知っておいてほしいこと、それは勉強ができない子供は意外と多いということです。決して見下した意味で言っているのではありません。

どの子も素質は持っています。勉強の才能が伸びていない子が多いという意味です。

小学校では、基本的な教科の勉強をします。ご存知のように、国語、算数、理科、社会です。これに英語も加わりました。

勉強ができないとされている子供の特徴として、「国語が苦手」「算数が苦手」など、この5教科の中に苦手がある場合が多いです。

どんなことが苦手なのかは、こんな具合になります。

・国語で漢字は書けるけれど、テストで問題文を読んでいない。
・算数で文章問題がわからない。
・社会のテストでとんちんかんな答えを書いている。
・理科で何の実験なのかわかっていない。
・英語は楽しいというけれど、読めないし書けない。

どれか当てはまるところはありませんか?

実はこれ、「読む力がない」ことが原因です。いわゆる読解力不足です。

文章を読んで、意味が読み取れていないから、とんちんかんな答えになったり、文章問題がわからなくなったりします。

ですが、学校も親も、「読む力がない」ということに気づくことはありません。気づいても、どうすればいいのかわからないのが現状です。

実際、小学校では、昔ほど「読む力」をつける授業は行われていないのです。自分の意見を書いたり、考えを発表したりする授業が多くなっています。子供の教科書を見ればわかると思います。

当然、そのままにしていては「読む力」はつきません。つまり「勉強ができない」ままになってしまいます。

では、「読む力」はどのように育てていけるのでしょうか?

答えは練習です。

読み取りの練習をすれば、読む力はぐんぐんついていきます。

勘違いしないでほしいのは、読書をさせればいいという考え方です。

そもそも読むことが苦手な子が本を読むでしょうか。図鑑やマンガでも読み始めればたいしたものです。まず本に興味を示しません。

読む力をつけるには、読み取りの練習をします。

短い文を読み、何が書かれているのか見つける練習をするのです。詳しい読む力の育て方はこちらにまとめています。

読む力をつけていく方法

文章を読む力をつけていくと、教科書が読めるようになります。書かれている内容もわかるようになります。これが苦手を克服するスタートです。

勉強ができない子を卒業する一歩になります。

子供が勉強しない状況は親次第?

勉強ができない子は、読むことが苦手なことが多いということを説明しました。

「勉強ができない」のではなく「どんな勉強をすればいいのかわからない」という場合が多いです。

読む練習をしていくと、苦手な勉強もできるようになったということは意外と多いです。

最初に「どの子供も勉強できる素質は持っている」とお伝えしたのはそのためです。

何を、どのように勉強していけばいいのかがわかれば、子供は勉強ができるようになっていきます。

そこに子供は気づけないから、勉強ができないままでいます。

では、誰が気づいてあげるのか?

親です。

本当は学校の先生に期待したいのですが、たくさんの生徒を受け持っているので難しいです。

親が早く、「文章を読めていない」ということに気づいてあげて、読む練習をさせてあげる。そうすれば確実に勉強は今よりもできるようになります。

こういう意味で、子供がべんきょうできるかどうか、状況を変えるのは親次第ということになります。

親の協力で子供は変わる!親が見る覚悟が必要!

親次第で勉強ができない子供も変わるという話をしました。

でも、親も仕事や家事で忙しいのが現状です。

「勉強は学校でしてほしい!!」

これが本音ですよね。でも、学校任せにしていては、子供は勉強できない子のままです。
なぜなら、今までそうだったのだから・・・。

この文章を、ここまで読んでいただいたのなら、絶対に試していただきたいこと。

それは、親が覚悟を決めて、子供の読み取りの練習につき合うということです。

この親の覚悟がなければ、練習は続きませんし、子供は勉強ができないまま変わりません。1か月間~2か月間で読む力はついていきます。

練習時間は、毎日15分間がおすすめです。覚悟を決めて子供の勉強につきあってください。

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)
manabi-enjoy レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ