小学生にスマホは必要か?実際にあげてみた結果

急速に普及したスマートフォン。すでに1人1台持つ日も近いかもしれません。

夫婦でスマホの機種変更をしたときのことです。同時に料金の見直しもしたのですが、結構な金額を通信費につかっていました。やはり定期的にプランの見直しをすべきですね。時間はかかるのですが。

その際、これまで使っていたスマホを子どもたちにあげることにしました。家で使えるタブレットです。かなり自分のスマホを欲しがっていましたから。

でも、小学生にスマホは必要か?メリットはあるのか??

実際に小学生にスマホを持たせると、何に使うのでしょうか。スマホを小学生に渡したときのことをまとめます。

子どもは覚えるのが早い すぐにアプリを入れてました

機種変更して、これまで使用していたスマホを娘にあげました。家でwifiにつなげて、タブレットとして使えるからです。娘は大喜びでした。早速ゲームや何やら入れていじっていました。子どもは覚えるのが早いですね。

でも、問題が一つ。あまりに夢中になりすぎて時間を守れないことです。やっぱり子どもには時間を守って使うということは難しいですね。大人が教えてあげる、もしくは管理してあげるところかもしれません。

でも、最初が肝心です。時間を決めて、それを守って使うことを話しました。

小学校5年生の娘が、どんなゲームを入れているのか見てみると、「白猫テニス」でした。以前、自分のスマホで「白猫プロジェクト」というゲームをやっていたのですが、そのゲームに登場する白猫のキャラクターでテニスをするというものでした。

白猫シリーズは面白いですね。この白猫テニスもやってみると、結構はまります。最初、ボールを打つタイミングが全然分からず、負けてばかり。何だか本気なっちゃいます。

ゲームの操作に慣れてくると、今度はガチャです。白猫シリーズには、たくさんのキャラがいますから、いいキャラがくると燃えてきちゃうんですよね。でも、最終的にガチャばっかりするはめになったりして…。そういう不安はありますが、子どもたちは今は純粋にゲームが楽しいようです。

他にも入れていたアプリが。

その名も「おじぽっくる」。

「は?」

何だかよく分かりませんでしたが、いわゆる「おじさん」を集めて遊ゲームのようでした。かわいらしいおじさんキャラを、娘は楽しそうに操作していました。

マッチ棒を動かして問題を解くようなアプリも入れていました。

これは結構知的でした。分からない問題を聞きに来るのですが、こっちも分かりません。思いっきり頭を使うアプリでした。これは結構大人も楽しめるのではと感じました。

スマホ何に使っているの?

主にゲームに使っています。うちの子の場合は。でも、ゲームだけでなく、いろいろ興味を持ったことも調べています。漢字や言葉の意味、社会のことなど、検索スピードは私より早いかもしれません。小学生おそるべしです。(私が遅いだけ?)

特に驚いたのが、画面の背景を変えたり、パスワードを設定したりしていたことです。誰が教えたのか?私よりも確実に使いこなしています。

そういえば、小学校にもタブレットが導入されてきているようです。あちこち話を聞きます。

これからの勉強は、やっぱりこういったICT機器を使いこなして進めていくのでしょう。自分が子どもの頃には、パソコンなんて学校にありませんでした。今では、どこの学校にもありますからね。

私が小学生の娘にスマホをあげて思ったことは、スマホの害ばかり言われますが、これほど世の中に普及しているスマホです。効率よく使う方法を早期に学ばせる方がよいのではないかということです。

積極的に買ってまで与える必要はないと思いますが、機会があれば「スマホやタブレットの使い方を学ぶチャンス」だとも言えます。

これから小学校や中学校でもタブレット端末を使った授業が当たり前のようになってくるかもしれません。「スマホやタブレットをどう使うか」ということが大切だと感じています。

もし勉強専用にタブレットを使う場合は、通信教育用のタブレットもいいなと思いました。他のアプリは入れられないようになっていて、まさに勉強専用のタブレットです。タブレットを使った通信教育についてはこちらでまとめています。
>>小学生の通信教育を徹底比較!テキスト教材からタブレット教材!

計算機や国語辞典と同じように、一つの学びの道具ですので、正しい使い方を学んでほしいと思います。

わたしも使い方をがんばって学ぶことにします。

スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)
manabi-enjoy レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



スポンサーリンク
manabi-enjoy レクタングル(大)